ワークライフスタイリスト養成講座東京20期クラス第5回

こんにちは、
マザーライフ代表
ワークライフスタイリスト認定講師の桜井香里です。

 

2019年2月14日木曜日
ワークライフスタイリスト養成講座
東京20期平日クラスの第5回目の講座が行われました。

設備もサービスも想像以上だったお気に入りの会場♡

 

 

今回は、前回の宿題だった「ワークライフスタイリングセッション」を
実際に3名以上に行ってみた感想のシェアからスタート。

image

何でもそうですが、
実際にやってみることで気づくことって多い。

 

 

 

初めはうまくできなくて当たり前。
それでもまずは友人でも同期でもいいので、
経験を積んでみることで成長することができるのです。

 

 

 

 

今回の宿題をやったことで、
20期メンバーもセッションの難しさや楽しさ、
こんな時はこうしよう・・・などなど
いろいろことを学んだ様子。

 

 

 

だからやっぱり、
自信がなくてもやってみることが大事!
それにより反省したり、
今度はもっとこうやってやってみようと思うことで、
どんどん上手になるのだから。

image

盛り上がってます笑

 

 

そしてそれをブログにあげていく。
アウトプットは最大の定着につながるから、
セッションの経験や講座での学びをどんどんブログに書くことを勧めています。

もちろん全員にSNSの発信を勧めているわけではないですし、
書くか書かないかは、
人それぞれで良いとは思ってます♡

 

 

だってみんなそれぞれ、
心地よさもスピードも違うから。

 

 

ブログを書くことが、なんとなく気が進まない場合は、
やらなくてもいいよ♡と伝えているし、
人それぞれ好きや得意を活かせば良いのです。

 

 

 

自分の好きがわからない人へ

今回はさらに、
ワークライフスタイリングセッションを行う上で、
セッション中に実際に出てきそうな悩みにフォーカスして、
その対応方法などをお伝えしました。

一人一人にじっくりと向き合うのが20期クラスの特徴^^

 

 

よくある質問の一つに
「自分の好きがわからない・・」というものがあります。

 

 

 

「好き」ってそんなに高尚なものでなくても良い。

例えば・・・

 

「犬と猫どっちが好きなのか?」
「洋食と和食のどっちが好きなのか?」
「お金があったらやりたいことは何ですか?」など・・・

 

 

そんなふうに、
ごく身近にある簡単なものからでいいのです。

 

 

「好き」=「仕事」と思ってしまうと出てこない。
「好き」は一生変わってはいけないということでもない。
「好き」=起業して年収いくらということでもない。

 

 

そうではなくて、
まずは身近な「好き」に敏感になることが大事なのです♡

 

 

セッションを実際に行う立場になると、
様々な質問が出てくるもの。

 

 

その都度、その経験を積むことで、
クライアントさんにヒントを与える力がついていくのです。

 

好きなことがいっぱいありすぎて困ってしまう人へ

一方で、
「好きなことがたくさんありすぎて困ってしまいます」という人もいます。

 

 

そんな人には、
「全てやってみること」がオススメ♪

 

 

 

「何が私に向いていそうですか?」
「この中のどれをやれば成功しますか?」と聞かれたとしても、
それは実際にやってみなければわからない。

 

 

 

やってみて違ったら、また他のこととやってみて、
そんなふうにトライアンドエラーを繰り返すとすことで、
その人にぴったりなものが見つかっていくのです。

ーーーーー

そして一旦、
ここでランチタイム。

image

なんと今回、お子さんの都合でお休みしていた、
植田あつ子さんとみんながズームをつないでランチタイムを過ごしていました。
(仲が良すぎ笑)

image

ズームをつなぎながら声をかけている姿を私がスマホでパチリ笑

 

 

いつまでも話せるくらい毎回盛り上がるランチタイム。
この時間がまた、みんなに好評です♡
いつまでも話せるくらいに時間の早さを感じます。

 

 

話が尽きないランチタイムの後は、
午後の講座へ。

 

 

あなたは何をしている人?

 

たくさんの資格を持ち、
たくさんの経歴が並ぶプロフィール。
もちろんそれはすごいこと。

 

 

でももし「この人はこれをやっている人だ」ということを伝えたければ、
軸を作った方が良い。

image

 

世の中にはたくさんの人がいる。
その人たちの中から「あなたでなければならない理由」を見つけていく。

 

 

それを伝えることで
「あなた」の価値がきちんと相手に伝えられたということになるのです。

 

 

すごい自分になってからでなく、
今のままで周りの環境が変わっていく

 

すごい自分になってから・・

まだ自信がないから・・

2年後に始めますetc

 

 

きっときっと、
何年経っても自分よりすごい人はいます。

 

 

それを待っていると、
きっと人生ってあっという間に終わっちゃうと思う。

 

 

今の自分のままでいい。

今の自分のままで行動することで、
周りの環境が変わっていくのです。

 

 

 

他人を変えようとしない

 

あの人がこうだったら・・
あの人がこうしてくれたら・・・

 

 

そんなふうに他人を変えようとすると苦しくなる。
だから、相手をなんとかしようとしなくていい。

 

 

他人と過去は変えられない。
だったら自分自身が楽しんでしまえばいいのです♡

 

 

 

例えば「子育て」も同じかもしれません。
「あなたのためにここまでやっているのよ!」とママが言ってしまえば、
きっと子どもは辛くなる。

 

 

 

他人のために犠牲になったり、
無理をしずぎることはない。

 

 

まずは自分自身を満たす。
そして、その溢れた分で周りの人を幸せにできるのです。

image

 

他人と比べない

あの人ができることができない・・
あの人はすごいから・・・

 

ではなく、
あなたはあなたのままでいい。

 

 

SNSで楽しそうに見える様子や、
発信ができなくて気持ちが落ち込んでしまったりしても大丈夫。

 

 

自分にあったもの、
自分がワクワクするもの、
自分が満たされることに時間を使えばいい。

 

 

自分は本当は嫌なのに、
そうしなくてはいけないのかなと思いながら、
自分の気持ちを無視してすることは決して良い結果を生まない。

 

 

だから、自分の心地よいことにフォーカスする。
誰かと同じになる必要などないのです♡

image

 

人に幸せにしてもらおうとしない

良くある例が・・
旦那さんがもっと稼いできてくれたらいいのに・・とか笑
旦那さんがもっとこうしてくれたら・・という例があります(よく聞く例です(^_^;))

 

でも、幸せって自分で決められる。
他人に幸せにしてもらうのではなく、
自分で自分を幸せにすればいい。

 

他力ではなく、
自分の力で幸せになると「決める」

 

そうすると、
行動するしかなくなる。

 

 

そうしないと、
人生なんてあっという間なのです。

 

 

他人に依存するのではなく、
自立した女性になる。
そんな「私」になることを目指していきます。

 

卒業からが本当のスタート

 

約半年間、子育てを最優先に自分の時間をなんとか作り出し、
8名で全力でかけ抜けた東京20期のメンバー。

 

 

最後は、たくさんの笑顔と感動の涙がありました。

 

 

 

講座でたくさんのインプットをアウトプットをしたことで、
学んだことは多い。

 

 

でも卒業して、自分自身に再度落とし込み、
アウトプットをしていくことで見えてくる景色が変わる。

 

 

本を読むだけ、聞いただけではなく、
この講座で学んだことやコンテンツを使うことで、
実際に商品としてサービスを提供することができるのです。

 

 

 

突然のサプライズに感動♡

 

今回は最終講義だったので、
20期メンバーから、
講師とアシスタントのきよ美さんに
お花のプレゼントをいただきました 涙♡

(ニコライバーグマンのフラワーボックス♡)

image

本当にびっくりして、
感動・・・涙♡

 

 

みんな本当にありがとう!涙

 

 

 

来週は、
宮本佳実さんから直接ディプロマをいただける卒業パーティー。

 

 

これからも20期メンバーとの関係は続いていく。
もっともっと成長し、
もっともっと活躍できる。

 

 

みんなの成長が、
今からとっても楽しみです♪

 

 

 

いつもは講座終了後、
子どものお迎えや飛行機の時間に間に合うように
ダッシュで帰宅するメンバーが多いので、
先日、念願のランチ会も行いました♡
(みんなありがとう♡)

 

 

image

いつもとは違うママの顔を見て、
あーみんな頑張っているな♡と
とても幸せな気持ちになった。

 

忙しいのは当たり前。
でもそんな中でも時間を作って、
自分の未来のために生きるみんなは最高にかっこいい!

 

ママだってできる。
何だってできる。

 

これからもそんな女性が
増えていってくれたらいいな。
私も頑張ります(^^)

 

マザーライフ代表
ワークライフスタイリスト認定講師
桜井香里

ワークライフスタイリストとは?

・ワークライフスタイル(働き方・生き方)を確立し、自由や楽しさを発信していける人
・ぶれない軸を持って、他者と比べることなく、人生を心から楽しめる人。
・自分の正解も、他人の正解も認められる柔軟な心を持つ人。


<宮本佳実さんからのメッセージ>


私はこの「ワークライフスタイリスト」を単なる職業や資格ではなく、
それぞれの「人生の指針」のように考えていただけたら嬉しいと思っています。

ワークライフスタイリストになる、カリキュラムは人生を自由に豊かにするものです。
もっと「私」を楽しむことができ、理想の私で毎日を送ることができます。

自分のワークライフスタイルを確立し、自分自身が幸せになることによって、周りの人や、遠くの知らない人まで幸せにするエネルギーを放つことができるのです。

今回は5ヶ月+「理想の私」で参加するスペシャル卒業パーティーというプログラムにしました。全部で半年間になります。長いように感じますよね?でも、そこが私のこだわりです。

人の思考はクセがあるので、一度聞いただけでは、また元の思考に戻ってしまう。定期的に、これから向かいたい方向のマインドを聞き、エネルギーの高い仲間とともに学ぶことで、自分の「スタンダート」にしていくことができるのです。

本にも書きましたが、うちのスタッフが言っていました。「よしみさんの近くにいることで、よしみさんの考えが普通になってきた。それからどんどん自分の取り巻く環境がかわってきました」と。

このマインドを「普通」だと感じられるようになるには、最低3ヶ月は必要だと私は考えます。だからこそ、それを刷り込んでいくのに、もうすこし時間が必要だと半年間のプログラムにしました。

この期間一緒に学び、理想の自分にどんどん近づいていきましょう。

私の密かなビジョンの一つに、私以外の「ワークライフスタイリスト」と名乗る人が本を出してくれることというものがあります。

この講座に来てくださった方が、ここで学び、自分に落とし込み、多くの人を影響し、そしてそんな未来につながることを私は夢物語だと思っていません。

近い未来、そんなことが「日常」になる日がくると、そう思っています。
ワークライフスタイリスト®︎の認定ディプロマを卒業パーティーで授与いたします。

(ワークライフスタイリスト養成講座HPより)

ワークライフスタイリスト養成講座の詳細はこちら

<桜井香里が担当する横浜日曜25期クラスの詳細はこちら>

子育てもなりたい私も両立できるママになる【公式】Mother Life メール

子育てもなりたい私も両立できるママになる
【公式】Mother Life メール

子育てと両立しながら自分自身の生き方も妥協したくない。
自分の好きや得意を活かした働き方をしていきたい。
「子育ても自分育ても妥協しない」をポリシーに、
“ママでありながらも経済的にも精神的にも自立した女性”
になるための在り方をお伝えしていきます。

このメールマガジンでは
・ブログでは載せていない裏話
・読者の皆さまからのQ&A
・子育てと起業を両立する方法
・好きなことを仕事にする方法
・子どもとの関わり方
・ストレスとの付き合いかた
・理想のライフスタイルを手に入れる方法
・各種イベントへの優先案内などをご紹介

「子育てと自分育てを両立したい」
「経済的にも精神的にも自立した女性になりたい」
「子育ても妥協したくない」
「もっと変わりたい」
「このまま人生を終わりたくない」
そんな女性にオススメです。

マザーライフコンサルタント/ワークライフスタイリスト
桜井香里

ご登録はこちら

 

Related Entry

本田健さん「大富豪からの手紙」1日集中実践セミナーへ

桜井香里♡Mother Life 1dayセミナー 開催しま...

子育て中は夢の準備期間

ワークライフスタイリスト卒業パーティー(東京20期)レポ

依存ではなく自立した女性へ

【ワタナベ薫さん】会いたい人に会いに行く