「ワークライフスタイリスト養成講座」東京20期 第2回レポ

ワークライフスタイリスト養成講座 東京20期クラス第2回

2018年11月15日木
「ワークライフスタイリスト養成講座 」
東京20期クラスの第2回めの講座が行われました。

初回の講座でお子さんの体調不良などで、
お休みされたメンバーも参加することができたので全員で講座をスタート♪

北海道から和歌山まで、
子育て中のママが勢ぞろいしました。

「私」と「マイワークライフスタイル」をつくっていく

第二回めの今回は、
「私」と「マイワークライフスタイル」を作っていく。

約1ヶ月の間に、
みんなそれぞれが自分自身を見つめなおし、
人生に本気を出すことで変化を見せてくれました。

メンバー全員がみんなの前で発表してくれたのが、前回の宿題。

・理想を視覚化するビジョンボードの発表
・理想の1日を実際に過ごしてみた感想
・この1ヶ月での変化
・その他

講座を録画した動画をお渡ししているので、
自宅で何度も見直して復習したり、
万が一欠席された方もしっかり学べるようになっています。

この一か月、
早速行動に移してきたメンバーも多く、
対面セッションやズームを使ってみたり、
お茶会やセミナーの告知をしてみたり、
とにかく動きながらいろいろなことに気づいてくれた。

あれこれ悩んだり考えすぎたりすると行動ってできなくなる。
行動して自分で感じて、
そのあとで次へ進んだ方が絶対に成長が早い。

だからこそ講座内では、
私自身がワークライフスタイリスト養成講座三期生として受講してきたときのことを、
全て惜しみなくお伝えしています。

受講生特典
「ワークライフスタイルセミナー」コンテンツ


第2回めの今回は、
セミナーやお茶会で使える、
「ワークライフスタイルセミナー」のコンテンツをプレゼント。

 

セミナーやお茶会で使えるように、
最初から終わりまで一通りセミナーの流れをお伝えし、
私自身が実際に作成した同セミナーのワークブックや資料なども、
みんなに見せながら進めていきました。

私自身もこのコンテンツを使って、
セミナーを何度も開催することができました。


最初はみんな未経験者。軽く一歩を踏み出そう。

ワークライフスタイリスト=起業ではないし、
この学びを自分自身の生活に活かす人、
起業するためのコンテンツとして活用したい人、
本当にそれぞれでいい。

実際に講座を受講しているメンバーも、
このような動機でスタートしています。


・自分の好きを活かして起業するための準備をしたい

・育休中にワークライフスタイリストになりたい
・介護の現場でワークライフスタイリストのマインドを広げたい
・自分自身の軸を確立させたい
・モンモンした毎日から抜け出したい
・行動できる自分になりたい
・教育の現場で活かしていきたい
・子どもに対して活き活きと過ごすママの背中を見せてあげたい
・会社員のまま週末起業をしたい
・その他

今回集まった東京平日20期クラスは、
メンバー全員が子育て中のママです。

今回、和歌山から来てくださっている、
あつこさんの息子さんが授乳のために来てくれて、
メンバー全員がその可愛さに大興奮していました。

完全母乳での講座受講、
本当にその行動力に驚かされます♪

あっという間のランチライムを過ごし、
会場からサービスされるコーヒーとスコーンを食べ 笑 登壇 ♪
(この会場のサービスが本当にすごいのです♪)

ブランディング、ブログ整理、
お茶会開催のコツについて

午後は、
ブランディング、
ブログの整理、
お茶会開催のコツなどをじっくりとお伝えしていきました。

ブランディングは4回目の講座で、
詳しくお伝えするので、
今回はさらっと進めるつもりでしたが、
グループシェアタイプで進めていたので、
話が盛り上がる!

もちろん、進むペースは人それぞれ。

先月、
ものすごく不安げな表情をしていたママが、
見違えるほどの表情を見せてくれたり、
セッションをしたり、
プロフィール写真まで撮影していたと知り、
もう、ただただ驚くばかり!

20期メンバー8名全員のブランディングカラーを、
みんなで意見を出し合って決めてみたりしてものすっごく盛り上がった講義。

 

15時半になると、
飛行機の時間や、
お子さんのおむかえで、
ダッシュで帰宅するママの姿に戻るメンバー。

平日なので、夕方に講座が終わると、
「子どものお迎えがあるのでお先に失礼しまーす」
「飛行機の時間があるので帰りまーす」と
みんなそれぞれがママに戻る瞬間。
私自身も講座が終わり次第、ダッシュで帰宅しています。

3月の卒業パーティーまでに、
驚くほどの変化を見せてくれるはず!
来月が楽しみです。

マザーライフ代表
桜井香里

ワークライフスタイリストとは?

・ワークライフスタイル(働き方・生き方)を確立し、自由や楽しさを発信していける人
・ぶれない軸を持って、他者と比べることなく、人生を心から楽しめる人。
・自分の正解も、他人の正解も認められる柔軟な心を持つ人。


<宮本佳実さんからのメッセージ>


私はこの「ワークライフスタイリスト」を単なる職業や資格ではなく、
それぞれの「人生の指針」のように考えていただけたら嬉しいと思っています。

ワークライフスタイリストになる、カリキュラムは人生を自由に豊かにするものです。
もっと「私」を楽しむことができ、理想の私で毎日を送ることができます。

自分のワークライフスタイルを確立し、自分自身が幸せになることによって、周りの人や、遠くの知らない人まで幸せにするエネルギーを放つことができるのです。

今回は5ヶ月+「理想の私」で参加するスペシャル卒業パーティーというプログラムにしました。全部で半年間になります。長いように感じますよね?でも、そこが私のこだわりです。

人の思考はクセがあるので、一度聞いただけでは、また元の思考に戻ってしまう。定期的に、これから向かいたい方向のマインドを聞き、エネルギーの高い仲間とともに学ぶことで、自分の「スタンダート」にしていくことができるのです。

本にも書きましたが、うちのスタッフが言っていました。「よしみさんの近くにいることで、よしみさんの考えが普通になってきた。それからどんどん自分の取り巻く環境がかわってきました」と。

このマインドを「普通」だと感じられるようになるには、最低3ヶ月は必要だと私は考えます。だからこそ、それを刷り込んでいくのに、もうすこし時間が必要だと半年間のプログラムにしました。

この期間一緒に学び、理想の自分にどんどん近づいていきましょう。

私の密かなビジョンの一つに、私以外の「ワークライフスタイリスト」と名乗る人が本を出してくれることというものがあります。

この講座に来てくださった方が、ここで学び、自分に落とし込み、多くの人を影響し、そしてそんな未来につながることを私は夢物語だと思っていません。

近い未来、そんなことが「日常」になる日がくると、そう思っています。
ワークライフスタイリスト®︎の認定ディプロマを卒業パーティーで授与いたします。

(ワークライフスタイリスト養成講座HPより)

ワークライフスタイリスト養成講座の詳細はこちら

マザーライフ代表
ワークライフスタイリスト認定講師
桜井香里

 

 

 

子育てもなりたい私も両立できるママになる【公式】Mother Life メール

子育てもなりたい私も両立できるママになる
【公式】Mother Life メール

子育てと両立しながら自分自身の生き方も妥協したくない。
自分の好きや得意を活かした働き方をしていきたい。
「子育ても自分育ても妥協しない」をポリシーに、
“ママでありながらも経済的にも精神的にも自立した女性”
になるための在り方をお伝えしていきます。

このメールマガジンでは
・ブログでは載せていない裏話
・読者の皆さまからのQ&A
・子育てと起業を両立する方法
・好きなことを仕事にする方法
・子どもとの関わり方
・ストレスとの付き合いかた
・理想のライフスタイルを手に入れる方法
・各種イベントへの優先案内などをご紹介

「子育てと自分育てを両立したい」
「経済的にも精神的にも自立した女性になりたい」
「子育ても妥協したくない」
「もっと変わりたい」
「このまま人生を終わりたくない」
そんな女性にオススメです。

マザーライフコンサルタント/ワークライフスタイリスト
桜井香里

ご登録はこちら

 

Related Entry

依存ではなく自立した女性へ

その資格を取ることが目的ですか?

私立小のメリット&デメリット

モデリングのその先へ

「3歳児神話」って本当ですか?

立ち居振る舞い&ウォーキング基礎レッスン〜2019年開講〜