子どもの教育費っていくらかかるの?

子どもの教育費っていくらかかる?

子どもを一人を育てるのに教育費がいくらかかるのか
具体的に調べて見たことはありますか?

もちろんこれは、子どもがひとりっ子の場合と、
兄弟が多い場合、または私立にいつから入るのか等によっても違いますが、
いくつか例を出して見たので参考にしてみてください。

例えば高校までを参考までに見てみるといくつかのパターンがあります。

①私立幼稚園→私立小学校→私立中高

私立幼稚園 49万8千円/年 3年間で1,494,000円
私立小学校 153万6千円/年 6年間で9,216,000円
私立中学校 133万9千円/年 3年間で4,017,000円
私立高等学校 99万5千円/年 3年間で2,985,000円

合計 17,712,000円

②私立幼稚園→公立小→私立中高

私立幼稚園 49万8千円/年 3年間で1,494,000円
公立小学校 32万2千円/年 6年間で1,932,000円
私立中学校 133万9千円/年 3年間で4,017,000円
私立高等学校 99万5千円/年 3年間で2,985,000円

合計10,428,000円

③公立幼稚園→公立小→私立中高

公立幼稚園 22万2千円/年    3年間で666,000円
公立小学校 32万2千円/年  6年間で1,932,000円
私立中学校 133万9千円/年  3年間で4,017,000円
私立高等学校 99万5千円/年 3年間で2,985,000円

合計 9,600,000円

※文部科学省平成26年度「子どもの学習費調査」より
この金額には”学校教育費と学校外活動費、給食費をあわせた平均値

これらを見ても随分と金額に差が出てくることがわかります。
そしてこれに大学の費用がかかってきます。

これに大学の学費がかかる

①国公立大学→約5,180,000円
②私立大学(文系)→約6,900,000円
③私立大学(理系)→約8,120,000円

日本政策金融公庫「平成25年教育費負担の実態調査」より

入学するためには塾に通う必要も出てきますし、
学費以外にも習い事をたくさんさせたり、
良い教育環境を与えてあげたいと思えば思うほど上乗せされていくわけです。

「お金が有り余ってしまって仕方ないわ」という方ならいいのですが、
多くの方は、ある程度何かを我慢したり、
自分にお金をかける部分を減らして子どもに回したりすることがあるでしょう。

教育費は定期的に見直す

子育てははじめてのことが多いため、後から振り返った時に「あれは無駄だったな」と思うことや「意味がなかったな」と思うことも多いものです。

定期的に見直し、その費用が成果につながっているのかどうか?
それとも、通うことで得るものを求めているのかを確認し、
価値ある使い方をしていくことをお勧めします。

子育てもなりたい私も両立できるママになる【公式】Mother Life メール

子育てもなりたい私も両立できるママになる
【公式】Mother Life メール

子育てと両立しながら自分自身の生き方も妥協したくない。
自分の好きや得意を活かした働き方をしていきたい。
「子育ても自分育ても妥協しない」をポリシーに、
“ママでありながらも経済的にも精神的にも自立した女性”
になるための在り方をお伝えしていきます。

このメールマガジンでは
・ブログでは載せていない裏話
・読者の皆さまからのQ&A
・子育てと起業を両立する方法
・好きなことを仕事にする方法
・子どもとの関わり方
・ストレスとの付き合いかた
・理想のライフスタイルを手に入れる方法
・各種イベントへの優先案内などをご紹介

「子育てと自分育てを両立したい」
「経済的にも精神的にも自立した女性になりたい」
「子育ても妥協したくない」
「もっと変わりたい」
「このまま人生を終わりたくない」
そんな女性にオススメです。

マザーライフコンサルタント/ワークライフスタイリスト
桜井香里

ご登録はこちら

 

Related Entry

夢を叶えるにはコンフォートゾーンを抜け出そう!

【起業Q&A】発信に抵抗があるとき

母の日に感じる人生の尊さ

私が働く理由

【ワタナベ薫さん】会いたい人に会いに行く

【Q&A】新しいことをはじめるとき家族に反対されたらどうした...