学習知識を定着する方法

エビングハウスの忘却曲線

子どもの家庭学習につきあっていると、
ついこの前教えたことをほとんど忘れてしまっていることがよくあります。

これについてはドイツの心理学者、
ヘルマン・エビングハウスの発表した有名な「エビングハウスの忘却曲線」を見ることでよくわかります。

 

エビングハウスは無意味な音節を記憶し、それが時間とともにどれだけ忘れてしまうかを数値化しました。これを見ると、人は何かを学んだ直後に急激に忘れてしまうが、その後は緩やかになっていくということがわかります。

 

グラフの数値をまとめると以下のようになります。

 

・20分後には42%を忘却し、58%を保持。
・1時間後には56%を忘却し、44%を保持。
・1日後には66%を忘却し、34%を保持。
・6日後には75%を忘却し、25%を保持。
・1ヶ月後には79%を忘却し、21%を保持。

 

この結果からわかるように、人は繰り返し復習しなければほとんどを忘れてしまうということであり、これは人によって大きな差があるわけではなく、いかに復習を繰り返すことが大切かということがわかります。

 

例えば覚えてから1日後に復習する際、最初に学習したときの負担が100%に対して、
1日後では67%の負担(時間や回数)で覚え直すことができるという意味を表しています。

節約率

グラフを見ていただくとわかるように、1日後には34%しか覚えていません。
この数値は「節約率」と言って、一度記憶したものを再び完全に記憶し直すために必要な時間をどのくらい節約できたか?を表しています。

(節約率)=(節約された時間または回数)÷(最初に要した時間または回数)
(節約された時間または回数)=(最初に要した時間または回数)-(覚え直すのに要した時間または回数)

 

復習の効果的なタイミング

記憶を定着する上で必要な「復習」。
勉強も仕事もアウトプットをすることで知識は定着していきます。
勉強の場合はテキストや本を読むだけではなく、声に出して読んだり、
問題集を繰り返し行うことがより効果的だと言われています。

 

ここでのポイントが、復習すべきタイミングを知るということ。記憶の定着は、“あるタイミング“で行えばきちんと定着していくと言われています。そのタイミングがこちら。

 

・学習した翌日に1回目
・その1週間後に2回目
・2回目の復習から2週間後に3回目
・さらに3回目の復習から1か月後に4回目

 

このように少しずつ間隔をあけ、
2か月かけて復習するのが良いと言われています。

 

テストの前などに一気に復習するよりも、
一回の時間は短くても少しづつ復習することが、
学習知識を定着させるにはいかに大切かということがわかりますね。

子育てもなりたい私も両立できるママになる【公式】Mother Life メール

子育てもなりたい私も両立できるママになる
【公式】Mother Life メール

子育てと両立しながら自分自身の生き方も妥協したくない。
自分の好きや得意を活かした働き方をしていきたい。
「子育ても自分育ても妥協しない」をポリシーに、
“ママでありながらも経済的にも精神的にも自立した女性”
になるための在り方をお伝えしていきます。

このメールマガジンでは
・ブログでは載せていない裏話
・読者の皆さまからのQ&A
・子育てと起業を両立する方法
・好きなことを仕事にする方法
・子どもとの関わり方
・ストレスとの付き合いかた
・理想のライフスタイルを手に入れる方法
・各種イベントへの優先案内などをご紹介

「子育てと自分育てを両立したい」
「経済的にも精神的にも自立した女性になりたい」
「子育ても妥協したくない」
「もっと変わりたい」
「このまま人生を終わりたくない」
そんな女性にオススメです。

マザーライフコンサルタント/ワークライフスタイリスト
桜井香里

ご登録はこちら

 

Related Entry

私が働く理由

【起業Q&A】10年続く確率は何パーセント?

母の日に感じる人生の尊さ

【Q&A】新しいことをはじめるとき家族に反対されたらどうした...

ライフステージが変わってもあなたらしく生きるために 〜par...

【起業Q&A】発信に抵抗があるとき