親が子どもとたくさん向き合える最後のチャンス

こんにちは。

マザーライフコンサルタント/

ワークライフスタイリストの桜井香里です。

 

 

 

 

子どもが冬休みに入ったので、

やることが増え、

仕事の時間が減っている‥^^;

 

 

 

 

託児で預ければ良いのだろうけど、

なんだか一緒に過ごすことに慣れているから

この冬も特に預けたりすることもなく過ごします

 

 

 

気づけば8歳になっていて、

来年から新四年生になる。

 

 

 

ずっと先だと思っていた新四年生が、

もうすぐだなんて、

信じられないくらい・・・

 

 

 

中学受験の道を選んだけど、

本当にそれがベストなのかなと思うこともある

 

 

 

でもきっと、

子どもにじっくりと関わる機会は

この受験が最後かもしれないなと思いました。

 

 

{6367B6AB-CDCD-416B-B483-74419646213F}

男の子だし、

中学生や高校生になって、

親とべったりと関わるという感じはしないし、

それこそそのあとで、

どんどん大人になっていくわけだから、

きっとゆっくり関われる時間なんて、

あっという間なんだろうなと思う。

 

 

だから、いま、

あれこれ気になってしまったり、

勉強がうまく進まず、

早くしなさい!と言ってしまったりしたとしても、

 

 

 

そんな時期は一瞬なんだなと感じています。

 

 

 

 

約3年後、

どんな結果になるかはわかりませんが、

子どもとゆっくり関われる機会として、

少しでも楽しみながら進めていけたらいいな・・・

 

 

 

と、

そんな風に願っています

 

 

 

 

実際には、理想論は崩れるといわれています。

だから、6年生になったら、

そんな余裕も無くなるかも (^^;

 

 

 

でも、これから3年間、

しっかりと覚悟を決めて、

進んで行きたいと思っています。

 

 

 

お役にたつ情報があったら、

またこちらでご紹介しますね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です