中学受験とMOTHER「夏休みをどう活かすかを決める」

いよいよ夏休み。
この長期休みをどう活かすかで、その後が大きく変わって来ると思い、
我が家では過ごし方を改めて見直してみました。
まずは先に家族での予定を入れ、夏期講習、夏休みの宿題をやる時間などを入れ込みました。
そこで昨日気づいたこと。
この夏休み、子どもの勉強の弱点克服に多くの時間を使いたいと思ったのです。
サピックスの夏期講習が10日間あります。
初めての夏期講習なので内容はわかりませんが、
この時間が我が子の場合、プラスになるのかな?と冷静に考えてみました。
正直、αなどの上位クラスではないので…(^_^;)少しでも時間を有効に活かすために、
一旦サピックスを手放すという選択を視野にいれたのです。
3年生の1月の入室テスト。
ここで一気に分母が大きくなります。
※この本はよく読みました^ ^
(今のままいれば、また入室テストを受ける必要はないから残ろう)   ‥って‥、
‥あれ?これって何かがおかしくないか?と。
そもそもαレベルかその付近でなければ、難関校に太刀打ちできない。
だから入ってるだけで満足するようなことだけは避けたい。
そこで、3年夏休みに時間を有効に使うための方法を考えました。
①新しい知識をどんどん入れる時間をとることと、弱点克服のための個別指導を入れることを決めて、サピックスと同時進行するパターン。(この場合、時間も費用も、子どもの負担も大きくなります)
②サピックスを休会して、個別塾で、彼の弱点や今後の入試対策のための基礎を入れ込む。とにかく個別で今後の対策も含めて時間をつかっていく。
③サピックスを一旦退会して、しばらくは個別でしっかりと学び1月の入室テストを受け直す。
この3パターンを考えています。
※個別の良さを取り入れる
※プリバートも気になります。
仕事が忙しくなり、睡眠時間も削られている今。このまま塾と家庭学習のフォローだけで中学受験に太刀打ちできるとは思えません。
気づけばあっという間に、小3の夏休み。
「受験まではまだ時間があるわー」とか、
「そのうち一気にクラスが上がることもあるわよね」とかは思わない。(わりと冷静)
この夏休みを活かすための最善の方法を見つけ、早く気づき修正していく。
そして、一番大切な「サピックスに通っている」ということへの執着にならないよう、時間を有効に使っていきたいと思います。
さて、その方法で夏を過ごすか、早めに決めたいと思います。
では面談に行っていきます^ ^!
子育てを妥協せずなりたい未来を手にするためには、
「何が必要で何が不要か」をしっかりと見極め、
時間を生み出すための選択が必要不可欠になるということを実感している毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です