こんにちは、
マザーライフ代表
MyStyle起業塾講師の桜井香里です。

世の中にたくさんあるサービス、
多くのお店や商品。

その中から選ばれているものは、
必ず「ポジショニング」がしっかり確立されています。

 

今回は

「ポジショニング」の重要性についてまとめていきます。

ポジショニングとは?

 

自分の位置付けを明確にし、
同じようなサービスを提供している人やお店等に対して、
自分がどういった立ち位置にいるのか?と言うことです。

売れている物や人には、
必ず明確なポジショニングが確立しています。

 

それがぶれていたり、
他のサービスとの違いがはっきりしていないと、
その他大勢の中に埋もれてしまい、
成功することはできません。

 

起業を含め、
自分のサービスを提供する時には、
大勢の人の中から「あなたから買いたい」と
選んでもらう必要があるからです。

あなたの立ち位置はどこ?

「世の中のママを幸せにしたい」
「子育てで悩んでいる人をサポートしたい」

 

例えば、
そのような思いで起業をした場合、
お客さまから見たあなたは、
どんな人でしょうか?

 

例えば、「子育てママで起業する」
という大きなイメージがあるとします。

 

実際には、
子育て中に起業しているママはたくさんいます。

 

そのため、
その多くの中で立ち位置を決めるには、

「〇〇といえば△△さん(あなたの名前)」
というイメージを確立させる必要があります。

 

それには、
商品の内容だったり、
あなたの専門性だったり、
発信方法だったり、
ブランディングだったり、
価格だったり、
魅せ方だったり、
性格だったり・・
いろいろなことが関係してきます。

たくさんいる人の中から、
あなただけの強みを活かしていく。

 

そして、
自分の立ち位置を明確にしていく。

 

それを分かった上で、
(戦略的に)サービスを構築していくのです。

ポジショニングマップ

この、ポジショニングマップは、
いくつものパターンで作成できます。

今回はその一例を挙げてみました。

例えば、
子育てママを売りにした場合でも、

「専業主婦志向」か
「キャリア志向」かによって大きく変わっていきます。

そして
「クール系」か
「かわいい系」かという場合でも
その服装や立ち居振る舞い、
発信や内容にも大きな差が生まれてきます。

 

このポジショニングマップは、
様々なものを作成していきながら、
あなたがどのタイプで、
どのような強みを持っていて、
どのようにしていけば売れていくのかを見つけていくために
とっても重要な役割をもちます。

 

ここの部分に時間をかけながら、
まずは自分のポジショニングを明確にしていきましょう。

 

最初は質より量です。
でもその先に、
ビジネスとして広げていくためには、
自分の立ち位置を知り、
戦略的にサービスも含めた構築が必要不可欠となるのです。

マザーライフ代表
桜井香里