今日は起業をする際、
あなたのサービスが売れるために必要なことについてお伝えしていきます。

ベネフィットについて

お客様が商品を購入するときには、

「お客様がそのサービスを購入したことで、
どんな未来が待っているのか?」

 

ということで商品を購入します。

 

ベネフィットとは、つまり、
そのサービスや商品を購入した後で

「〇〇になる」
「〇〇を手に入れることができる」などといった利益のことを指します。

 

メリットと似ている感じがしますが、
メリットは商品そのものの売りや特徴を表すものです。

 

有名な言葉で、

「お客様が買っているのはドリルそのものではなく、そのドリルを使って開けた穴である」

というものがあります。

 

つまりは、
お客様は商品そのものを買う目的ではなく、
その商品を買うことでもたらせる未来の利益を買っているということになるのです。

 

未来が見えなければサービスは売れません

あなたのサービスを受けたら
「これを買ったらこんな未来が待っている」
というプラスのイメージを膨らませることで、
そのサービスは売れていきます。

「コンサル業」を例にとった場合・・
「ぐるぐると出口の見えない毎日を過ごしていたけれど、
コンサルを受けることでその出口が見つかり、
気分もスッキリし、
今日からできる未来の選択肢を手に入れることができる」

というような感じです。

 

1人でもんもんと悩んだり、
本を読んでいるだけでは解決しないことが、
本の少しの時間で悩みがパッと晴れて、
どう行動していったら良いのかがわかる。

 

それが、
コンサルを受けた後にお客さまが手に入れる「ベネフィット」です。

 

起業をする上で、
サービスを提供する際、
ベネフィットは必ず必要になります。

これから、
またブログで「起業」に関するあれこれを
書いていきたいと思います

 

マザーライフ代表
桜井香里