こんにちは
マザーライフ代表の桜井香里です。

子育てをしていると、
日々色々な悩みが出てくるものです。

生まれてすぐの悩みから、
幼少期、
学童期etc

そしてきっとこれからも、
子どもが自立していても
ずっとずっと気になってしまうものなのかもしれません。

子育ての悩みは子どもの年齢に応じて現れるもの

子どもを育てていると、
子どもの年齢に応じた悩みが次々と出てくる。

それぞれその時は
「どうしたらいいのだろう」と悩み、
この状態がずっと続くと思ってしまう。

でもそれが落ち着いたなーと思ったら、
また違う悩みが出てきて、
まさにエンドレス・・・笑

そう、ママである以上、
子育ての悩みはつきないのです。

気がつけばその時だけの悩み

我が子の場合を例にとると、
1歳から3歳くらいまでの間は、
それはもう子どもらしい子どもでした・・笑

気づけばどこかに行ってしまうし、
デパートで迷子のアナウンスをかけられたことも1度ではないです・・笑(・・;)

小学校受験の頃は「行動観察」という試験があるので、
本当に受験時までに直るのか???
と思っていたほど元気すぎました

その時は悩みに悩んで凹んだりしましたが、
今は変わりました。

そう思うと、
その時には「もうどうにかしてー」と思うことも、
思い返せば「その時だけ」の悩みだったと気づくのです。

「今だけ」そう思うと見え方が変わる

その時に応じて変わる子育ての悩み。

その時期はママ自身も精一杯で、
心の余裕もなくなったりする。

もうどうにかしてー(T . T)涙
と思うけど、
今の悩みが数年後も続くのかといえば違うことの方が多い。

むしろどんどん関わり度が減っていくため、
悩みの種類も変化するのです。

私も常に、
子どもに関する悩みはあります。

 

今の私の悩みは、
中学受験に向けた勉強量と、
子どものやる気の差の問題です(^_^;)

なんでもっとこうしてくれないんだろう。
なんでこうなんだろうetc

そんなふうに思うことは、
毎日のようにあります 笑

でも同時に、
この悩みはずっと続くわけではない。
というふうにも思っています。

だから同時に、
今を大事にしようとすごく思うし、
仕事が忙しくても、
子供との関わりを大事にしようと思います。

その悩みは今だけ。

でも、
子育ての悩みは尽きないもの。

今を大切に、
子どもとの関わりを続けていきたいと思います。

マザーライフ代表
桜井香里